記憶

2009年08月14日

記憶の断片を辿る2

 函館山の近くに図書館があった。古ぼけた木造の建物で、黴臭そうな古い本がたくさんある。10年以上前に1度だけ行ったことがあった。バイト友達と一緒に。今思い出してもかなりの過去だけど、その当時も、まるで過去にさかのぼったようだ、と思った。

++++++++++++++++++++

 こないだのカラオケで思い出したけれど、学生時代にカラオケ屋で安い酒に酔い、テーブルを叩いてリズムをとって大騒ぎしていたら、グラスがどんどんずれてって、3個ぐらい床に落ちて割れた。枝豆は吹っ飛び、それをまた拾って食べるのだ。そんなのが流行っていた。20代も半ばを過ぎて、当時の友達に久々に会ったら、床に落ちた食べ物を拾って口に入れなかったので、大人になったなーと感心したものだ。あの頃は、飲み会の次の日の朝に、覚えのない青あざを発見するのが常だった。

++++++++++++++++++++

 富士山行こうぜ!みたいに夜中に出発して、箱根で怪しい車をいっぱい見て、御殿場だったか小田原だったかのガストで、真夜中にハンバーグとか、朝までドリンクバーとか。

++++++++++++++++++++

 白い砂浜に若い夫婦、は、うちの両親。私は、水が飲みたいと言って、母がクーラーボックスから出してくれたのは、見たことのない「ポカリスウェット」と書いてある青い缶だった。「水みたいなものだから」と言ってそれをくれた。私はごくごく、と飲んでからびっくりした。水じゃない、甘い!何だこりゃ?スポーツドリンクを生まれて初めて飲んだ日のこと。その近くに白くて大きい犬がいた。海も空も今よりずっと青かった。

gofuchudiary at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月13日

記憶の断片を辿る

070620_162923

さっき、床にごろんと仰向けになって、クラムボンを聴いてたら、なんだかかんだか、いろんな記憶が呼び覚まされた。昔住んでいたアパートの、すぐ近くにあった珈琲屋。仕事が早く終わると一人で行ってホットサンドなんかを食べていた。ゆっくり、じんわり、自由だと感じた。何からも縛られない感じ。
 札幌の夕暮れ時が好きだった。わたしはここに居る!と何故か実感できたから。FMラジオから流れる心地よい曲。
 かと思えば、暑い暑い池袋。去年の夏の古本屋巡り。そして今年のみちくさ市。ごく最近のことなのに、もう、思い出すとふわっとした気持ちになれる記憶。
回想はつづく。また次回。

 夫から早くも帰るメール。最近は、残業しないで帰るように言われているのだそうだ。先月頑張りすぎたからな。ゆっくり夕食を食べよう。

gofuchudiary at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)