2015年11月23日

いろいろ観てる日々より

今更ながらのドラマを見ている。『家政婦のミタ』『35歳の高校生』『ゴーイングマイホーム』『きょうは会社休みます』とか。『きょうは会社休みます』は観終わった。初めは福士蒼汰の魅力がイマイチ分らなかった(有名な壁ドンも見た)けど、観終わる頃には少しイメージが変わった。ふんわりと優しいんだな(役だけど)。あと語学が堪能ということろも良い(イタリア語と英語)。しかし若すぎる。わたしの目当てはそれよりも綾瀬はるかなのだ。どんくさくて天然な感じと純粋さ、真面目さ、そんなのが伝わってくる。続けて『万能鑑定士Q』も見たけど、これまた素敵でした。
『35歳の高校生』は、ただただ恐ろしい。今の時代に高校生じゃなくて本当に良かったと心から思う。スクールカーストってなんだよ!って思うのだが、実際わたしが高校生の時にも、同じようなものが存在していたのかもしれない。目立たないグループと目立つグループ、確かにあった。派手な人たちはいろいろやりたい放題だったものな。
わたしはどっちにいたのだろう。あまり学校での人間関係に悩むようなことはなかったからラッキーだったとは言える。
『ゴーイングマイホーム』には、阿部寛や安田顕、新井浩文なんかが出ていて、思わず『下町ロケット』!と言ってしまいそう。是枝監督のドラマだから見始めたけど、のんびりしてて日常がドラマドラマしてないリアル感で好きだ。わざとらしさがないのだ。関係ないがわたしは綾野剛よりも新井浩文派だ。そんな派閥があるのかは分らない。まあ綾野剛の演技もきらいではないけどね。『コウノドリ』より『最高の離婚』の時のあのチャラくて憎めないキャラが面白かったな。

本当、最近は毎日ドラマか映画を観まくっている。ずっと心にずしっときているのは『シャッターアイランド』(ディカプリオの)だけど、他にも『さよなら渓谷』(真木よう子のセックスシーンがきわどすぎる)とか『夢売るふたり』(松たか子のあのシーン、まじか?!)とか、本当いろいろ観てる。『ツーリスト』のジョニー・デップも好きだな。ジョニー・デップの映画って今まで何十年って観てきたけど、ブラッド派だった自分はそんなに魅力を感じなかったのだけど、『ツーリスト』は結構好きだった。(しかもお相手はブラピの奥さんのアンジェリーナ・ジョリー!)

昔と変わったのは日本映画を観るようになったこと。
20年ぐらい前は、ほぼ外国映画しか観なかった。それで英語を勉強していたっていうのもあるけど。ディカプリオでいえば『バスケットボールダイアリーズ』とかはまってモノマネしていたな。超まじめなイギリス人の先生にWhat!!??」ってびっくりされたのを思い出す。だって、あれはヤク中映画だったから。

あとわたしが好きなのは『プリシラ』だ。オーストラリア映画。女装好きのオカマの話。あれを観ると元気が出るの。昔、ビデオを持っていたけど、DVD欲しいなぁ。JCOMでやってくれないかなぁ。

とりとめない雑記になってきたのでこのへんで。

gofuchudiary at 22:46│Comments(0)TrackBack(0)映画 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字