鹿部間欠泉で足湯「バケモノの子」を観た。

2015年07月22日

縁のあるタクシー

晴れ。
とうとう東京に戻る日。11:00に函館駅に送ってもらい、12:04発の特急に乗る。青森に入ってからはほとんど寝ていた。新幹線に乗り換えてからは「今日もいちにち、ぶじ日記」と又吉の「火花」を読んでいた。
中央線に乗って国分寺で降りて紀伊国屋でやっちゃんは村上春樹の本を買って、そして上の、函館らーめん「塩の蔵」でチャーシューメンを食べた。帰りのタクシーの中で、何気ない話から、なんと運転手さんは若いころ北海道に住んでいたことが判明。しかもやっちゃんの住んでいたところの近く。そして、やっちゃんの今の会社でも(地域は違うけど)働いていた時期があったとか!びっくりした。
うーん。人って話してみないとわからないもんんだ。
そのへんですれ違って歩いている人が実は、すごく縁のある人かもしれない。

gofuchudiary at 10:49│Comments(0)TrackBack(0) お出かけ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
鹿部間欠泉で足湯「バケモノの子」を観た。