2012年01月01日

一年の計のようなもの

実家で過ごす正月です。

やっちゃんは、仕事があるのでまだ東京。

あたしは、久々の連休で、疲労感が全部ほどけていくような感覚。外は真っ白だし空気は冷たいし。何だか汚れてたものが落ちていくようだよ。
数か月ずっと悩んでいた仕事(を続けるかヘルパーに戻るかという入口の段階で)も、やっと決意を固めて、腹をくくった。たぶん大変だろうなぁ、でも覚悟を決めると結構平気だったりする。
仕事も、ぼんやりと大まかにつかんでいたことを、構造化していき、業務に気を取られて支援がおろそかになるなんてことがないようにしよう、とか考えている。
何となく、じゃなく根拠に基づいて支援できるように。だけど、絶対マニュアルにはしないで臨機応変に、真摯に。

学問は、基礎知識として。そして仕事の役に立てるように。春から単位取得の計画に沿って「疲れ」に負けずにこつこつと・・・(できるかな?)


漠然と時間が経つことだけは避けなければな。。。

とりあえず、年の初めはこんなことを思うんだけど、いつも結局、わーーーっと走り抜けてる間に1年が終わるのだよね。

あ、今年は、ブログ復活ということにしようかな。
言葉にしていこう、と思う。

インプットも必要だから、本もたくさん読む!
必要というか、やっと欲してきたという感じかな。震災後、どんな本も空々しくて読む気になれなかったけど、何かやっと、3.11以降の世界で生きていくことを受け入れてきた気がする。これもまた覚悟、なのかもな。
前までは、なんで?とか戻りたい!とか、あの日さえなければ、って思いしかなかったから。


gofuchudiary at 11:22│Comments(0)TrackBack(0)日々 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字