2011年12月24日

存在確認

あークリスマスイブだなー。

今一人で、シャンパンを飲んでいます。
最近は、酒を飲むと気持ち悪くなるんだけど、、、なんかやめらんない。
悩みとか迷いとかを打ち消すために飲んじゃってたのかもなー。ごまかすだけで結論は出ないのにねー。

こないだ、ヘルパー仲間の忘年会があった。
ヘルパーだけじゃなく、元所長もサ責とかケアマネさんも来て、何かすごく懐かしくてうれしくてたまらなかった。
何かみんなのことが大好きで、やさしくて、あーわたしはここに戻るんだろうな、って思ったんだ。
昔は一緒に、登録ヘルパーとして働いてたIさんが社員になっていて、また一緒に働きたいって言ってくれて、本当に戻ってきて!!と懇願され、わたしは、Iさんのためにも戻らなきゃっていう気持ちになっていた。(もちろん、訪問のヘルパーっていう仕事が自分にマッチしているってことに気づいたのが一番だけど)

そして、今の法人の来年度の働き方についての調査にも「退職」に○をつけて提出したのだった・・・。
すごい勇気、すごい決意、戻るんだ、わたし!って思ってた。

で、つい2日前。

今の職場の忘年会があった。

施設長とは話せなかったんだけど、私を採用してくれた支援課長がやって来て、「辞めるのは絶対だめー!」って言った。「お願いだから、これからも一緒にがんばっていこうよーー。」ってまた懇願されて(笑)
わたしと面接したときに、絶対にこの人を逃しちゃいけないって思った、とおしえてくれた。
「支援のセンスがあると思う」とも!!!

ナニッ!!!
わたしにセンスがあるだと????!!!!
びっくりだった。
こんなにも、毎日毎日悩み、情けない気持ちでいっぱいだったのに(泣)

「逆に、そういう思いをさせていたことに申し訳ない思いでいっぱいですよ。自分の力不足です」とまで・・・(T_T)

うわーーーーーん(泣)

孤独感まで理解してもらえ、わたしは、わたしは、、、、何か、
やっぱり、つらくても、ここでやっていくしかないな、って思ってしまったのであった。


そしていろんな職場を思い出す。
毎回、いろんな部長やら課長やら所長やら社長やらが引き止めてくれたことを思い出した。
わたしはそれを振り切って辞めてきた。
辞めたいという一心で。

そういう人たちを踏みにじって、傷つけてきたんだな、裏切ってきたんだな・・・ってことにやっと気づいた。
何か、そういう思いがぶわーってこみ上げた。


自分を卑下して、
どうせわたしなんていなくたって、、、って思って、
そういう人たちを傷つけてたんだな。

最近、人の優しさに敏感になってきた。と思う。

もう少しがんばってみようかな。
しんどいとか、きつい、とか、わたしには向いてないとか、、、いろいろ考えてたけど。。。
たぶん何か、継続することで見えてくるものも、あるはず。

月曜日、施設長に言ってみようかな。

そして気づくんだ。
わたしは、大事にされたいって思ってたんだってこと。
必要とされたかったんだってこと。

それは利用者と一緒だな。
いつも「わたしなんていないほうがいいんでしょ?わたしなんて死ねばいいと思ってんでしょ?」とかしんどい言葉を浴びせられて、うんざりしていたけれど、
きっと、わたしも、同じ気持ちなんだな。
そうやって、自分が愛されてるかどうかを確かめたいんだろうな。

存在を。

わたしが、いるってことを。

そのかけがえのなさを、
確かめたかったんだな。

辞める!(死んでやる!)とか言って、それを全力で止めてもらえるのを待っていたのかもしれない。

利用者の生きづらさは、わたしの生きづらさと重なる。
だからつらい。だからきつい。だからわかる。

もっと思いに沿って、受け止めて、あの人たちを支えていかなければなぁ・・・・・

gofuchudiary at 22:02│Comments(0)TrackBack(0)仕事 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字