バースデーケーキHope JAPAN

2011年05月05日

好きに生きろ!

今日は家に閉じこもり。

今、食事前にハイボールを飲みつつ書いてますので。少しぐらいの暴言は許してけろん。

最近、図書館の自習室にパソコン持ち込んで大学の講義視聴をしていたんだけど、外に出ると鼻と喉の間がザラザラして痛いので(花粉だと思いたいが…)毎日は無理。

なんだろねー。こんな世の中。
日々思うのは、哀しいことや愚かなこと、そして「世界の終わり」についてなんだが、その終わるまでの間に(それは地球が無くなるか私が死ぬか)自分ができることは何だろうかということだ。
そういった意味では、今焦ってるかもしれない。
わたしは知らないことが多すぎるし、やりたいことも、この年になってやっと定まって来たような状態だ。
だから急いで勉強している。
勉強って、でも知識投入もそうだけど、何より考えること。
自分のスタンスはどうかということも。(これも日々変動する)

なんだろねー。
とにかく、毎日毎日悩んで考えて、思考錯誤して、やってくしかないよなぁと思う。

明日から新しい仕事も始まるけど、しんどいこともあるだろう。
今までやってきた、時間で区切られた瞬間的な支援と違って、毎日毎日(メンバーはその日ごとに変わるみたいだけど)顔合わせて、長期的にその人を見て支援していくことは、苦手な部分から逃げられないということでもある。
だから不安もいっぱいだよ。
けど、それを選んだわたしだよ。

面接の時に自分が言ったことを思い出す。

<あの人たちが、差別を受けることや、地域から追いやられて「収容」されることが耐えられない!!!>

これは自分の本音。
「親亡き後」っていうのは、知的障害者分野ではかなり大きなテーマだけど、
地域の繋がりの中でどうやって支援していくかってことなんだよね。

偏見持ってる人もいるだろう。たとえば、事件とか起こす人が、自閉症だったりとかした場合、自閉症=危ない人、って思っちゃう人もいるだろうさ。
知識とか関わり経験がない人はきっとそうだと思うよ。
だって、自分の身を守るためだもん。
だけどさ、、、実際関わったことある人ならわかると思うけど、かなーーーり稀だよね。
たいていの事件起こす人って、世で言う「健常者」なんだよね。

むしろ、知的障害者とか自閉症とか言われる人たちは、真面目でズルとか絶対しないタイプが多い。
自閉圏の人って、人とうまく関係が築けなかったりするから、誤解を受けやすいけれどね。

でもさーーー
いろんな人間いるわけよ。
知的にハンデがなくったって、本当本当、世の中いろんな人がいるわけ。

それを括って、線引きして、差別すんのはどーよ?

あたしも、ある種、いろんなハンデがあるけどよ。
ま、リアルで友達な人ならわかると思うけど、、、、「世間一般」からズレてるわけさwww
でも、まあ、何とか生きてるわけで。

本当人生ってのはいろいろなんだよね。
島倉千代子が歌ってるとおりさ。

そういった多様性を認めること。
そこから始まる気がしてる。

結局
「こうでなければらならない!」って型があることによって、人は自己否定を繰り返すだろうし、自分を認められず自殺するだろうし、ほんとうの自分探しとかしちゃうんだろうし。

でもさ、
あんたは、そのままでいいわけさ。

そのままで充分魅力的なわけさ。

他の人にない、あんたなわけさ。

だからいいんじゃないの?




要するに、、、、、、、、


好きに生きろ!

先は長くないよ(たぶん)!!!


てことで。


夕飯食います(^-^)



gofuchudiary at 19:44│Comments(0)TrackBack(0) 日々 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
バースデーケーキHope JAPAN