2011年03月16日

ストレスピーク

刻々と事態が深刻になる中、1人で家に閉じこもり、2日が過ぎました。
やっちゃんは、数日前に、緊急事態のため、期限のわからない出張へ。
テレビやネットからの情報を追うのも疲れ、今は静寂の中に居ます。
けど、時々、どうなっているか気になって、知らないことが怖くなり、そして知ってることも怖くなる。
東京にいるわたしがこんなに怖いのだから、東北の被災した方々は、どんなにつらいだろうか、と思いを馳せます。
今、起こっていることは、ほんとうに、地獄のようだ。
地震から復興した街をわたしは知っているけれど、原発事故から立ち直った街をわたしはまだ知らない。ほんとうにほんとうに大変なことが起こった。
人生で1番恐れていたことの一つだ。
嘆いても現実は変わるわけもなく、眠れず、寝ても悪夢、起きたらさらなる悪夢の日々。
時間が過ぎていくごとに、深刻さが浮き彫りになり、どんどん締め付けられ、息が出来なくなるよう。
テレビの言う「人体に影響のないレベル」という言葉を鵜呑みにできるほど、わたしは、まっさらではない。被爆は量と時間、放射線の種類、そして、外部からか、内部に取り込むかで、影響は大きく変わるのだ。数字だけ示して安心しろと言われても、素直にうなずけない。
そして、急性でなく、後になって出る症状には、因果関係を説明することもできないのも知っている。細胞分裂が活発な子どものほうが、影響を受けやすいことも・・・。
とにかく哀しい。
ものすごく哀しく残念な思い。
ただ、同時に思うのは、どうやったって、人はいつか必ず死ぬものだということ。
それが被爆による病気からくるものであれ、別の理由であれ。
だから、とにかく、生きられるとことまで生きる、それしかないのだろうということもわかっている。
わたしは、誰とも話すことなく、「悲惨な情報」とだけ向き合って、かなり気が滅入ってしまっているんだと思う。
1人でいることが、こんなにも心細いことだとは。。。



gofuchudiary at 20:00│Comments(0)TrackBack(0)日々 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字