2010年12月25日

闇夜に消えた・・・

__


はー。やっと今日1日が終わった。

朝の仕事から今まで、同じ1日だったとは思えない。
なんかいろいろあったな。

今日、友達と吉祥寺で待ち合わせていた。
で、わたしは18時に仕事を終えて、いつものように自転車に乗って帰ろうと思い、鍵を探すわけですよ。
あれ?無い。
まさかね。無いなんてことはないさ。と思い、コートのポケットもズボンのポケットも探す。
無い。
バッグの中も探す。
無い。
無い。ナイヨー!!!!!
もしかしたら、利用者さんの家の中に置いてきたかも??!と思い、一度出た家にまたピンポンして入って探す。

でも無いもんは無いんだよーーーーーー!!

利用者さん、すごくすごく心配をしてくれて、
「ポケットは?どこに入れたか覚えてないの?」と、自分はご飯食べたことすら忘れちゃう人なのに(笑)、一生懸命わたしの心配をしてくれた。足悪いのに、立ちあがって、「床に落ちてない?」って見てくれる。目もあまり見えてないのに(笑)!
本当に優しくて、嬉しくて感動しちまったよ。
で、何気に「会社に電話して迎えに来てもらうからいいよ」って言って、そのまま歩いて帰ろうと思ったら、「じゃあ、迎えが来るまで、ここに居なさい。うちの電話使っていいから。電話して」と言う。
「大丈夫」って言っても心配するので、結局会社に電話をして、管理者に車で迎えに来てもらってしまった。。。
ああーあ、やっちまっただーー。
前の所長だったら別に「カギ落としたわー!車で迎えに来て!」って気軽に言えたんだけども、今は全然そんな雰囲気でもなく、いろいろ厳しくなったもんだがら「すみません。本当すみません。」て謝りつつ送ってもらう。
「いいよ。いいよ」と言ってくれたものの、申し訳ない思いでいっぱいだー。
あーあ、何だかもうー。ダメだな。友達との待ち合わせには全然間に合わなくて、結局、吉祥寺から変更してもらい、立川で8時ぐらいに会えた。
ご飯食べて、少しお酒飲んで語る。
仕事のこととか恋愛のこととかあれこれと。
立川を歩くひとたち、8割はカップル。みんな楽しそうだ。中には男1人で豪快に定食を平らげて帰って行く人とかもいるんだけどね。
そのあと、お茶して帰って来た。エクセルシールには、1人で過ごしている人たちもいた。なんかそれはそれで素敵な時間っぽいな。
帰りの電車の中で、耳栓をしてハイデガー読んでる男の人がいた。

月がきらきらしてて、そして空気がピリっと冷たくて、わたしのお腹はいっぱいだ。
音楽聴きながら歩いて帰るうちに、なんかどうでもよくなってきたわ。

あー。
これからケーキでも食べようかな。

思い出に残るクリスマス。
利用者さんは明日には忘れてるだろうな。
あ、自転車取りに行かないとなぁ・・・・・(合鍵あるので・・・・)

めんどくさ。

gofuchudiary at 00:33│Comments(0)TrackBack(0)仕事 | 日々

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字