2010年09月30日

次のステージへ

超ハードスケジュール+雨合羽。
雨の日の自転車移動はやっぱキツイな。

一つの時代が終わりました。わたしの仕事の中で。
今まで指導してくれていた(「いいよいいよ」「適当で!」「大丈夫大丈夫」「気にすんな」っていう指導))所長が今日でいなくなりました。
あーすごいテキトーな男だったなー。だから、こんなに毎日バリバリ働けて来れた。世の中の通常の会社では勤まらないわたしが、すごい勢いで仕事人間化できたのも実は奴のおかげでした。同い年で、いつの間にかタメ口きくようになり、だいぶふざけ過ぎたけれど、利用者さんに対してはいつも思いやりを持って接する姿勢をわたしは尊敬しておりました。
長いつきあいの利用者さん、今日所長が挨拶に来たら泣いていた。ものすごくショックを受けて、頭抱えている姿を見たらこっちまで泣けてきてしまう。そんだけ慕われている人だったんだなーって思う。そんでわたしもそういう存在になれたらいいなって思った。羨ましいような気持ちだ。
所長と言えど、事務所にどんと座っているのではなく、わたしたちとおんなじヘルパーだった。今も利用者さん宅にケアに入っていたし。怒られたことも一度も無かったな。注意しない甘い管理者かもしれない。一般的には。だけどたぶん、だからこそやってこれたヘルパーもいっぱいいると思う。少なくともわたしはそうでした。自分のキャラで自由にさせてもらえる。もちろん利用者さんの希望に添いながら。そんな仕事のやり方でした。
うーん。上司がいなくなって淋しい気持ちになったのは初めてだ。「てか、お前、俺のこと所長と思ってねーだろ?!」っていつも言われていたけれど(笑)
何かいろいろ変化します。
けど、わたしはここを乗り越えて、やっていく。とにかく、くじけずにやってみます。
疲れたんだけど、10月もやっぱ休み少ししかないみたい。
必要とされているのは、ありがたいことだけどね。どう変わっていくのかな。それも少し楽しみではある。


gofuchudiary at 21:56│Comments(4)TrackBack(0)仕事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ふく   2010年10月01日 09:16
すごい所長もいたもんだ。ね。
そういうひとたちに、「はびこって」ほしい。

福祉関係の内情とか上から眺めてばかりでおかしなことばっかなどっかの所長のはなしとかを毎日聞いているので、
そんな所長さんもいるのだな、と。

みったんがそういうひとになればいいとおもう。
というかなれるんじゃないかなーとか。
ここで、でもいいし、どこかで、でもいいし。
2. Posted by アイスブルー   2010年10月01日 09:58
◆ みったん 様
おはようございます。

ブログの内容に目頭が熱くなり、涙が込み上げてきました。
なんか他人事じゃない気分というか…
乗り越えられたみったんさんの笑顔が、浮かんできそうです(お逢いしたこともないのに 笑)。

みったんさんのブログは、私にとって忘れていたものを思い出させてくれる、そんな場所になってるのかもしれません(笑)!

ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。

3. Posted by みったん   2010年10月01日 13:10
ふくちゃん

所長というよりも、仲間だったなーって思うよ。実際ヘルパーだったし。今でも普通にトイレ介助とかやってたんだ。雨の中チャリンコで走って行ったりとかしていた。
何かすごい淋しいです。会社が決めたことだけど、ちょっと納得いかない面も多々あって。

なれるかなー。わたし。
なりたいな。
今は、くじけずに続けることで精一杯だけど、
とにかく、いけるとこまでいってみるよ!!
4. Posted by みったん   2010年10月01日 13:17
アイスブルーさん

わーん。そう言われるとこっちも泣けてきそうです!!
やっと、乗り越えていけるかもしれないって思うようになってきました。
今、目の前にあるのは現実で、それを受け入れて、どう生きていくか・・・ですものね。

アイスブルーさんが忘れていたもの。。。だなんて!そんなそんな、感情剥き出しのガキのブログですよ。いい年して青臭いのです。

こちらこそ、本当にいつもいつも

ありがとう。
ありがとう。
ありがとう!!!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字