2010年09月27日

受容期

雨。
雨に打たれて自転車。合羽を着て。
とても寒かった。
あの夏、ジリジリと太陽に焼かれて走るのは体力を奪われて、それは大変だったけども、この薄暗い雨の中を走り抜ける孤独には叶わない。体が奥の奥から冷え切る感じだ。
いつもの入浴介助もお湯の温度を上げた。全てが急激に変化していく。

今訪問している中で一番遠い家で、おばあちゃんと語り合った。

おばあちゃんは、「ああなりたい、こうしたい、今回失敗したから今度はこうやろう」とあれやこれやと考えて生きて来たそうだ。「でもやっぱり、おんなじなのよねー」と言った。
その時わたしは悟ったよ。

わたしはわたしのままで、いくらほかの何者かになろうとしても無駄だってことを。わたしは変わらないのだ。このままなんだよ、ずっと。

92年も生きていてそうなんだものさ。35年生きてて、やっぱうまくいかないんだものさ。
人の性質ってそう変わるもんじゃないんだろうよ。
わたしはたぶん生きてるあいだずっと「切ない」って言葉を使うんだろうし、生きてるだけでいちいちヒリヒリ痛いんだろうし、いい人ぶって笑顔で、そして怠け者で、何かに夢中になってもすぐ覚めてしまう、浅はかで鋭くて自意識過剰、そんな自分が大嫌いで大好きなんだろう。

強くなろうとか、なれるとか信じてた気がするけど、起こる物事は毎回違うし、反応も毎回違う。だからいちいちつらいだけ。乗り越えても乗り越えてもやっぱ強くはなってないようだ。けど、それでいいのかも。
そういう感受性だから仕方ない。諦めよう。
諦めるってマイナスな言葉に聞こえるけど、諦めはちょっと心を楽にしてくれる。諦めっていうか、受け入れって言ったほうがいいか。受容。
どうにもならないことを受け入れる。
これってここ数年のテーマだな。

そしてきっと、忘れてしまうんだろうな。この感覚も。
淋しいけれどありがたい。また他のことで悩む。
日々の生活ってそういうもんだ。

gofuchudiary at 22:40│Comments(4)TrackBack(0)仕事 | 日々

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by mani-mani   2010年09月30日 10:32
おひさしぶりです はてなからこんにちは。Mani-maniですばい。ここのところ大変なんだなと日記から勝手に心配なんかしています。
でも・・振り返ったら長い道が出来ていて その中で この時期がきっとなんらかの大切な道筋を作ってくれているんだと思います。
こんなありきたりのことしか言えないけど・・
でも 最近思うんだ。 「ありきたり」って その辺にいつでも転がってるってことで
だれもが どこかで いつでも 手に入れられることで うまく言えないけど
それって「真実」って事なんじゃないかなって。
なんつてー。「真実」なんていうと重いけど「ほんとうのこと」って感じかしら・・(ひらがなにしただけ・・)体には気をつけて! 健康第一!(←これもありきたりの真実!)
2. Posted by マダムくり   2010年09月30日 18:06
前に仏教の本で読んだ内容ですが。
仏教における「諦め」とは「明らかにする」という意味を含んでおり、単なるギブアップではないのだそうです。
そして、誰もが知っている有名なセリフで
「仏教的諦めを表現する究極の一言」があると。

それは「これでいいのだ。」

バカボンのパパのようにあらゆるものを肯定し
受け容れて生きる…。
なかなかできることではありませんけどね。
3. Posted by みったん   2010年09月30日 21:20
mani-maniさん

わーい。おひさしぶり。ありがとう!
本当ありがとうー。
何か、最近、人の悪意?というか本当に信じられない出来事が起こって、そのせいで環境が激変しました!
ショックやら哀しいやら悔しいやら、でも取戻せないやらで、何か泣いたり怒ったりばかりしておりました。
しかし、これは現実。
それを受け入れて、くじけずにどう生きるか・・・(て大袈裟か?)ってことをずっと考えてて。
確かに、この時期は、すごく大切な時期な気がしています。本当に感覚的に。
時が過ぎた時にすごく大事になる気がしているんだ。本当ありがとうね。
4. Posted by みったん   2010年09月30日 21:23
マダムくりさん

うえーん。ありがとうよー!!

「これでいいのだ」(笑)
これ、前にお坊さんが説教で言ってたってうちのママが言っとりましたw
きっと、なるべくしてなっていて、ここを乗り越えることがわたしの仕事なんだよなー。
何か最近少しずつそう思えるようになってきたよ。
過去になれば、全部、糧になるよね。
深い人間になるための。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字