2010年05月30日

王子様たち

007


今日はボランティアの日。みんなで郷土の森に行って来た。


004


園内散策。鯉と鳩。


008


お花もキレイに咲いてました。もう少しするとアジサイが見ごろとなります。

一言も言葉を発しない人、ずーっとにこにこ笑顔の人、物知りでいろんなことをおしえてくれる人(でたらめな部分もあるけどw)、お酒が好きな人、心配性で甘えん坊な人、ひとりでずっとぶつぶつつぶやいている人、いろんな人がおります。
前回話せなかった人ともいろいろ話せて良かった。
それぞれ持ってきたお弁当をみんなで食べて、30分くらいスタッフ会議をし、午後からプラネタリウムを観た。前回やっちゃんと来た時は「銀河鉄道の夜」を観たのだけど、今回は「星の王子様」だった。
上映が始まる前に、府中から見える星空の映像が映し出されるのだけど、街の灯りを消して、一瞬で真っ暗になり、星々が一気に輝き始めた時、わたしは何だかぐーっとこみ上げてくるものがあって、こっそり涙を流した。近くで、誰かのいびきが聴こえていた。

ここに居る人たち、と同じ時間を過ごしている。100年前でも100年後でもなく、今、ここ、この土地で共有できている時間をふと思ったのだった。
「星の王子様」を知らなかった人も結構いたのだけど、上映が終わったらみんなそれぞれ「おもしろかったねー」とか言っていた。王子様の純粋さを思う、沢山の気づきと成長していく心を思う、となんかここにいるみんなが王子様な気がしてきた。もちろんわたしも含めてだ。

スタッフとして参加をしていると、常に異変に気づけるように観察眼が必要で、誘導することや、伝えること、いろいろと気を使う面もあるのだけど、それ以上に純粋な楽しさがある。
ただもっとみんなに対して理解を深めていきたいとは思っている。そしてそれは、勉強とかでなく、少しでも多くの時間を、個人個人と接することでしか得られないことだと思っている。
ゆっくり、じっくり、みんなを理解していきたい。ケースに当てはめるのではなく、わたしなりのやり方で。

バスで府中駅まで戻ってきたけど、途中で降りた人はバスに向かって大きく手を振って、みんなもわいわい手を振っていた。




gofuchudiary at 17:14│Comments(0)TrackBack(0)お出かけ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字