2割の女アスパラを炒める

2010年04月28日

憂鬱の波

説明のつかないような、孤独感がいきなり襲ってきました。

少し酒を飲んでみたけれど、解消されず。布団にもぐりこんで本を周りに並べた。読むともなしに眺めては閉じて、携帯を触っては放り捨て、パタパタと。
昼寝のせいで頭は重いし、まるでスッキリとしない日。

わたしはいつも、この感じがやってくると、誰かに聞いて欲しい、っていう気分になるのだけど、それを誰に言えばいいのかわからなくなって、
結局、こうやって日記に書いて、言ったことにする傾向があると思う。

要するに、答えがほしいわけではないけれど、ここに、この感情があるということを、誰かに、そっと受け止めてもらいらいのかな。

基本、安定しない感情を抱えて人生をやってきたから、何も特別なことではないのだけど、いつも抜け出そうともがいて、意識しすぎる。だからずぶずぶと泥の中に埋まってく。

誰にも心配をかけないように迷惑をかけないように元気で明るく前向きにいなければ、落ち込んだ姿など見せないようにしなければ、、、、しなければ、

って、何て勝手な態度。何てかっこつけな、自己満足な。
それを身につけてしまったのは、感情によって、人をひどく混乱の渦に陥れた経験からなのかもしれない。もう、二度と、そんな思いを人にさせまいと決意したことが、我慢をするようにとシフトさせたのかもしれない。
だから、1度蓋が開いてしまうと、制御不能になってしまうんだな。

ああ今日という日、丸1日を、ただ無為に終わる。
そこにまた焦燥めいた感覚がやってくる。
でももしかするとそれは、傷を負った動物のように、暗い所でじっとして治す時間なのかもしれない。



さあああ、弱音を吐いたところで、風呂でも入るとするかーーーー

波を、楽しめ。
わたしにはできるはず。

gofuchudiary at 22:01│Comments(0)TrackBack(0) 日々 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
2割の女アスパラを炒める