2009年12月28日

限度を知らない男

 今日は天気も良くて暖かい。久しぶりに暖房無しで過ごす。体調はイマイチだけど(鼻と喉の間が微妙に痛い感じ)、だましだまし過ごす。風邪ではない。絶対風邪じゃないさ。
 夕方、仕事終わりのニコさんとドトールで待ち合わせ。バッチフラワーの話などあれこれ。実際に、ドトールの水に入れて飲みながら話す。お互い(一応)主婦なので、5時半には解散。それにしても、近くの席でどう見ても50は越えたおばちゃんが「高収入!!」とか沢山書いてある怪しげな求人雑誌を凝視していたのが超気になった。騙されたりしなければいいが。というか・・・変な店じゃないか?それ、おばはん!
 6時過ぎにやっちゃんが帰ってくる。何だか驚いたような慌てたような様子。
「今、そこでジョージに会った!こんばんわーだって!」
 みなさんはジョージを覚えているだろうか?そう、わたしが晩夏に幻聴まで聞こえるくらいに悩まされたあの、隣人であーる。
 やっちゃんはとうとうジョージとあいさつまで交わしてしまったなんて。
「で、どうだった?どんな感じの人だった?」とわたし。
やっちゃん「残念ながら・・・・自分と同じような種類だった(どちらかというと、あまり冴えない感じの、イケイケじゃない男という意味)」
わたし「やっぱり・・・」
 わたしの理論はこうである。
イケメン→女に慣れている→経験豊富→限度も理解している→真夏に窓を開けて大騒ぎはしない。
 ジョージの場合はこれが全て真逆。限界を知らないのだ。だからあんなことになってしまうのだ。ふぅ~。
 その後、やっちゃんと立川に行く。オリオン書房に取り置きしている本を買いに行き、どこかで食べて帰ろうか、ということになったのだけど、たいして食べたいものも思いつかず、結局エキュートで弁当を買って帰って来た。わたしは帰り際謎の腹痛に悩まされ、家に帰って慌ててトイレに駆け込むも、何の成果も出なかった。一体どうなってんだ・・・。わたしの身体は・・・。
 さあ、もうそろそろ眠ろう。我が家で眠るのも今年最後だ。明日の夜は東京駅近くのホテルに泊まる予定。明後日早朝の列車で帰省なのです。新幹線の旅は、本がたくさん読めるのが楽しみ。あとおやつとか。

gofuchudiary at 23:11│Comments(0)TrackBack(0)日々 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字