はちみつのシフォンケーキ粉あれこれ

2009年06月29日

豆乳スープその他

 午前中に、ブロッコリとにんにくの豆乳スープを作ってミキサーにかけた瞬間に中身がぶっ飛んだ。豆乳とブロッコリとにんにくがあちこちに飛び散って、当然手にもかかって顔にも少しかかって、やけどすれすれだった。カーテンにはまるで嘔吐したかのような痕。それは洗濯した。床も拭く。
 ジェイミーが言っていたのはこういうことだったか!とやっと気づいた。シンプルクッキングかラブリーダイニングかなんかでジェイミーはいつも、ミキサーにかけるときに「沢山入れないで」とか「僕は、何度も中身をぶちまけたり、やけどをしたりしたんだよ」と言っていて、ジェイミーは豪快だからなーと思っていたんだった、私は。
 夫が起きて来ても、何だかこの話をする気になれず言わないでおいた。だって、あまりに惨めすぎるもの。
 午後、遅番の夫と一緒に家を出た。郵便局と市役所で用事を足す。そのあとジムへ。ランニングと筋トレ。今のところ順調に減量中。ここ何年かで十数キロ太った(よくもそんなに太れるものだ!と自分に腹立つけど)分を少しずつ返していく感じ。身体を鍛える中でいろんな気づきがあったんだけど、それはここでは書かない。とある場所には書いた。
 風呂に入って帰ったんだけど、家に着いても身体からジム臭(塩素と安いボディーソープとかが交ざったような)がして、またシャワーを浴びた。
 私は子どもの頃、人と人は心を開いて真摯に話せば必ずわかりあえる、と思っていた。どんなに意見が違う相手でもそれは一理あるね、とかそういう考えもあるかーとか、少しずつ受け入れつつ器が広がっていくような、そんなことを想像していた。けれど、世の中には、いくら話しても理解しない人というのがいる。どんなに言葉を重ねてもすれ違い、誤解しあい、悪意に受け止めたりして、かけ違えたボタンはいったんすべて外すことはできず、ずっと段違いのまま進んでいくのだと気づいた。それは哀しいと同時に、何か、もうこれでいいのだ、と思う自由さをも感じた。どんなに頑張ったところで、誰かの視点にはなれない。たとえ誰かの肉体に私の精神が入ったとしても、それは私の視点ということになってしまう。その人ではない。それぞれがそれぞれの視点で生きて、世界を見ているのだから、世界はその人の目を通してしか在り得ず、その視点が見るものが真実だ。いくらそれは○ではなく●です、と言ったところで、その人には○に見えているんだから、それを事実でないと誰が言えよう。
 何かもう、そういうことを諦めた。諦めたというとネガティブに聞こえるけれど、そう思うようになって何かが吹っ切れた気がする。そして、いつも私と似た感覚で何かを感じ取ってくれる人がいるということをとても有り難く思う。細部は違ってもベースは一緒というか、「わかる!」というポイントが同じだったりすると安心する。根本的に、それぞれの視点で生きている、それぞれが全く違う、ということを理解すればするほど、その一致が奇跡のように嬉しくてたまらない。

at 22:36│Comments(2) 日々 

この記事へのコメント

1. Posted by ヒロリン   2009年07月03日 20:20
私も子どもの頃同じことを思っていて、今は、極端なことを言うと良いも悪いもなく、それぞれが感じたものでその人にとって幸せな方向に向かえばいいんじゃないかと思うようになったんだ{ウインク}
それと、、、太ったのね・・・
私もここ数年で20kg以上の増量です{困った}
健康診断でひっかかり減量中ですよ!
基本サボリ魔なので、専業主婦でグ?タラしてしまったツケです。。。
毎日歩かなくては!!
2. Posted by チカコ   2009年07月03日 21:02
ヒロリンへ
そうそう、最終的には、その人がそれで幸せならいいんだよね。もちろん幸せってのは完全な主観でさ。周りが何と言おうとね。
良いも悪いもない、っていうのは、何か仏教思想みたいだよね。一切は空?
いきつくとこはそうなんだろうなぁ。
ヒロリン!あなた!(笑)やっちまったね!私たち{笑顔}たぶん、昔、別人だね、お互いw
けど、お互い旦那が献身的な愛を注いでくれてるから幸せよなぁ?(笑)
世の中には「太ったら別れる!」とか言われる可哀相な人もいるからさー。
一緒にウォーキングでもするかー{走る}

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
はちみつのシフォンケーキ粉あれこれ