久々ベーグルフィッシュ&チップス!

2009年04月24日

オムライス食べながら・・・

b406d7e5.jpg


 今朝は4時に起きた。夫が都内の(って、ここも一応都内なんだけどね・・・)本社ビルに出勤するとのことで。真っ暗だった。案の定、夫が出掛けてすぐベッドに戻って二度寝。今度は寝すぎる。8時に起きるつもりがうだうだと9時まで。急いで朝食をとり、大学へ。10時半には到着。
「なんで、この授業とったの?」
「えー、だって、テストないじゃん。レポートだけ提出すれば単位もらえるからさー」
なんていう学生たちの会話を聴きながら席に着く。私は、単位いらないから気が楽だ。彼彼女らは、卒業できるのかな?就職決まるのかな?恋は実るかな?結婚できるかな?とこれから悩み多き時期に突入するのだなぁ、と思うと何だか自分の人生も感慨深いものがある。10年ちょっとの違いがこの余裕(笑)。あーいろいろあったよー。大変だったよー。けど、なんかおもしろいな。楽しいな。
 今日はデカルトについて概要を学ぶ。『方法序説』は2度ほど読んだけれど、また読みなおしている。本を通して伝わってくるデカルトの人間性、自信に充ち溢れているところや、それでいて謙虚だったり、臆病だったりするところに惹かれる。くそ真面目にいろんなことを考えて、これも信じられない、これも真実とはいえない、とどんどん捨てていって、ハッと、あ!俺、考えてる!どんなに他のものを疑っても、この、疑っている俺、ってのは疑えないじゃーん!って気づくのだ。彼は。何とも真剣に。人生をかけて。

 家に帰って昼食を作る、無性に無性にオムライスが食べたくなった。厳密には天津飯が食べたかったんだけど、作ったことないので自分を誤魔化す。そう、私はオムライスが食べたいのだ!
 ご飯食べながらテレビを観る。ここ最近ずっとこの話題しかない。クサナギ君の公然ワイセツ事件。
 必要以上に騒ぎすぎの気がするんだけど、やっぱりSMAPだから仕方ないのかな・・・。そもそも、外で裸になるのって何でそんなに悪いことなんだろう。デーブ・スペクターが「これが縄文時代とかだったら、こんなに問題にならなかったんですけどね」とか言って、みんなシラーっとしていたけど、実際そうなんだよな。この現代、この文明社会では許されないってこと。「裸」が無い人、なんていうのはいないんだけど、タブーなんだよね。何でなんだろう?誰かがそう決めたのだろうか。恥ずかしいという気持ちとか、見て不快になる気持ちとか、そういうのは習慣なのか本能なのか。本能ならば、縄文時代だって恥ずかしいはずだものね。いっそ、みんな裸で暮らすとかいう時代が来れば、もう「何着ようかなー」とか悩むこともないし、「ダサイ」とバカにされることもなくなるんじゃなかろうか。なんつって。
 ゲストにガダルカナル・タカがいたのが笑えた。
「こう言っちゃー不謹慎かもしれませんけど、わたしなんて、酔っぱらってなくても全裸になっちゃうことありますからね。酒が入ってたってことで許してやってほしいですよねぇ?」って・・・・。実感こもってるなぁ?。
 クサナギ君は、裸になって、何かを見出したのかな?オイラは、4年前のクリスマスイブの、自分の大失態を思い出したよ。(注;脱いではおりません!)


at 15:37│Comments(2) 日々 

この記事へのコメント

1. Posted by ケロタン   2009年04月25日 22:15
ありましたねぇ? 4年前のクリスマスイブのあの出来事。あのときは大暴走してましたね。
ついでに脱いでくれたら、サイコーだったですよ(ニヤニヤ)
今回の講義は哲学概論か何かですかな?哲学は学生の時の一般教養でも取ってなかったから、どんなものなのか実感沸かないのですよ。
2. Posted by チカコ   2009年04月26日 11:38
ケロタンさん
あ、覚えてましたか・・・{困った}
酒飲んで記憶が飛んだのはアレが初めてです。。。
夫が代わりに脱ぎます、と言ってますが、いかがですか?{笑い}
あ、いらない?ですよね。
そうですね。哲学の入り口、みたいな感じですね。
知識を詰め込むというよりは、自分で考える、ということで、テストはなくレポートだけなんですね。
私が学生だとしても選択してたろうなーと思います{笑顔}

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
久々ベーグルフィッシュ&チップス!