紅茶とスコーンローズティー

2008年04月29日

ここ数日の出来事

 ここのところ、珍しく連休の夫と外出が続いていた。花粉が落ち着いてきたからわたしも安心して空気が吸えるというものだ。洗濯も外干し解禁には少々勇気がいったけれど、干してみたら乾燥の速さと質(!)に感激した。
 
 先日は、夫のリクエストで武蔵野市立吉祥寺美術館で開催中の「五味太郎作品展・絵本の世界」を観に行った。美術館という空間は特殊だ。日常との隔たりを感じる場所。何か、そこに居る間は時計がないような気がする。たとえば夢。夢を見ているわたしは確かに眠っていて、その間に時計は進むのだけれど、夢を見ているわたしはその夢の中で時間を刻まない。時計という概念がない。もちろん、ツールとして登場するかもしれないが、それは意味をなさない、ということ。何か、美術館で作品を観ているときはいつも、その「夢」のように時計がない、気がする。別の空間。別の時空。それで、出るときには当たり前に時間は過ぎている。竜宮城時間短縮バージョン。
 その後、ちょうどアフタヌーンティーの時間に紅茶専門店ジークレフの新しくオープンしたばかりのティーサロンに行ったわけだ。世の中広しスコーンはいろいろあるけれど、これほど理想的なスコーンに出合ったのは本当に久々だった。過去に感激した札幌の、今はなき「CREAMTEA」以来だ。紅茶も美味しくて幸せ。ポットティーとスコーンを2人分置くにしては、テーブルが狭かったけれど、味には大満足。待ち時間が長かったので、今度は平日にまた行きたいな。
 その日はいったん家に帰り、夕飯を食べamazonからの荷物を受け取り、21時くらいに今度は西国立の古本屋へ行った。そこに行くと2人はすぐに別行動となり、毎回1時間ぐらいはあれこれ物色して、偶然会ったときにタイミングによってはそれぞれの戦利品をレジに持っていき、帰ることとなる。
 我ながら、我々ながら、というべきか、いずれにしてもこんな夜遅く、電車に乗って古本を買いあさりに行くなんて、尋常じゃない。病気の域だ。
 
 その次の日は、午後から聖蹟桜ヶ丘に出かけた。こちらでも本屋古本屋を少し巡ったけれど、特に目ぼしい本に出合えなかった。アンテナが弱い。同じ場所でもびんびんに引っかかるときと、鈍くまったく引っかからないときがあるのはどうしてか。今回に限っては、夫は、少し前に食べたアイスクリーム屋からおかしくなったと言う。
 このアイスクリーム屋さん、わたしたちを担当してくれたのは、たぶん入ったばかりのバイトの若い女の子で、わたしたちが注文したものよりもお得だと、自らオススメしてくれたはずのアイスのサイズを間違え、付随して会計を間違えて、それを指摘すると他の店員にどうしたらいいのですか?と聞き、答えを待つ間に、作り直せばいいんですよね、と言い、今あるアイスを捨て、新しいアイスを作り直す、すると先ほどわたしが渡した1000円札のことはすっかり忘れて、レジの前でこちらはお釣待つ、相手はこちらからのお金を待つ、といった具合に完全にかみ合わず、狂った歯車が廻り続けた。その間、先に出来て夫に渡していた間違ったサイズのアイスを夫は食べながら私を待っていて、しかもぐっちょぐちょに溶けて手にべっとりチョコレートアイスが絡みついて大変なことになっていた。わたしがレジから戻ってこないことを気にかけつつアイスと格闘して完敗していたのだ。それを横目でわたしもアイスを食べ、何かさきほどの、彼女の一連の動きを思いかえし、原因の結果でまた原因を生み、またその結果が原因になってしまう、という悪循環をこの眼でじっくりと見たのだと思った。
気をつけよう。
確かに、あの場面からどっと疲れが出て目がかすんできたような気がする。
2連休はこうして終わった。
外食もして少し胃が疲れたようなので、今日は玄米を食べるとする。

at 15:08│Comments(0) 日々 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
紅茶とスコーンローズティー