今日届いたもの大江戸線沿線の旅

2008年04月19日

こんなわたしでいいかしら?

 昨日、府中は結構な大雨。それでも以前から予約していた美容室へ向かうため、夫と2人で府中駅までやって来た。まだ少し時間があったので本屋さんへ立ち寄る。夫が立ち読みをしている間にわたしは、ちょっとトイレに行く。そこは、トイレが2つしかなくて、1つはすでに埋まっていた。なので、否応なしにもう1つの個室へ入って鍵をかけたわけだけれども、入った途端に後悔した。

 便器の中にウ○コがべったりと、本家本元が流されたにも関らず、家来たちが、これが見事に引っ付いてこちらを見張っているではありませんか?!ここで引き返そうかとも一瞬思ったのだが、何やら音から察するに、個室の外にはすでに新たな待ち客の気配・・・。
 このまま出たら、絶対わたしのせいにされる!
 わたしがやったと思われる!
 ここは腹をくくるしかない、と思い、わたしは何度も何度も水を流し続けた。
 そして、あっ!と気づく。
 その、何度も何度も水を流す行為自体が、それをやったと思われるじゃないのよ?
いや、これはわたしのウ○コじゃなくてですね、あのー、最初っからあったものをわたしが懸命に流しているのですよ!!と後の人に伝えたところで、余計に変な顔をされるだろう。

 絶体絶命!!ピンチです!
 これは、便器がピッカピカになるまで流し続けるしかない。と覚悟を決めて頑張った。
 やっと家来が観念してか、流れて居なくなった。
 そして勇気を出して外に出る。やはり人は並んでいて、すぐに他の人が入って行った。ちゃんときれいにしたので、わたしは堂々と外へ出る。
 すると夫がトイレの前で待っていた。
 この戦い抜いたわたしの勇姿を報告しよう!わたしは意気揚揚と進む。
 二人で、駅ビルから外へ出て階段を下りる。まだ雨が強かった。
 わたしは夫にこの話を早く聞いてほしくて言った。

「今ねー、トイレ入ったでしょ?そしたらねぇー、トイレにねー
ウンk・・・
と口にした瞬間・・・何が起こったか?!
足元がズルっとすべり、夫の必死の救助にも関らずわたしは、転倒。右尻の下あたりを強打!!
 痛いっ!痛ーい!痛いーーーーー!!!!!
 そのあとを何気ない顔、何も見ちゃいませんぜ顔で降りて来る、スーツのおじさんや、若い男の憎たらしいこと憎たらしいこと!
 それでも痛みが少し治まるとわたしは、さっきの話を夫に話して聞かせた。でも夫は、こんなに痛い思いまでしても、その話をしたいというわたしの根性に笑っておりました・・・。
 
 家に帰ってジーンズを脱いでみると、もんのすげー、それはもう、立派な青あざがしっかりと、そこに出来ておりました。
もうー、泣きそう!!
今、わたしが何か間違って死んだら、このアザがあまりに不自然で、うちの夫がDV夫だったということになってしまいそう。そんなことを考え、夫の今後の人生が心配です。

というか、自分の心配したほうがいいよ、って?

ですね。

at 12:54│Comments(4) 日々 

この記事へのコメント

1. Posted by ずんこ   2008年04月19日 16:29
こんにちは!うん●を流す大仕事のあとに、転んで青アザ…。痛すぎる?!!(>_<)きっと今日からは、いいことあるよ!おしり、お大事に…。
2. Posted by チカコ   2008年04月19日 18:56
ずんこさん
いやー、ビックリ!こんなデカイあざ、何十年ぶりでしょうか・・・。本当に見事です。
「運{うんち}」がついて、いいこといっぱいあればいいんですけどね!ほんっと参りました{困った}
3. Posted by シマ   2008年04月19日 23:41
ワァーン{悲しい}ハハハーン{笑い}(どっちじゃ)
でもこれ、「すべらない話」に認定だね!
ブロガーとしてはオイシイネタですね!
4. Posted by チカコ   2008年04月20日 11:50
シマさん
うけるよねー。まじで、これネタに出来なかったら泣くしかないよね!
転んでもただでは起きない。
ブロガー魂じゃー{炎}

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日届いたもの大江戸線沿線の旅