フレッシュジュース六ヶ所村ラプソディー

2007年10月27日

亀田家問題から最近のメディアについて思うこと

最近テレビを見ていて思うのは・・・・亀田家の問題って大人が寄ってたかって騒ぐ問題なのか?ということだ。
テレビ見ながらいつも夫と話してるけど、最近のメディアってのは、調子のいい時は上げて上げて、さー不祥事です!となったら一気にこき下ろすよね!と。
あの親子のふてぶてしい態度は前からだし、この問題がある前はちやほやしてたじゃん。さー次はどんなビッグマウスが飛び出すのかなーってみんな楽しみにしてたじゃん。なのに、反則だ何だとなった途端、「あのパフォーマンスはやりすぎだった」とか・・・ねぇねぇ、なんでそんないきなり態度ころりと変えれるわけ?
アタシには理解不能。
そりゃさ、礼儀知らずだとは思うよ。けど、そこれも含めてみんなあのキャラを愛してたんじゃねーの?
メディアに躍らされていつも意見変えてる視聴者は、この先も自分の意見を持たずにテレビが言ってるんだから正しいって思って、あたかもそれが自分の意見かのように生きてくことになるよ。そして情報操作されていることにも気づかずに、飼いならされた犬のごとく生きてくことになるよ、とアタシは思うわけですよ!
以前もこんなこと、違うところで書いたことがあった。
そんときは、子供の自殺問題の時だった。
何かしらの事件の、その都度アタシが感じていることだ。
一応抜粋。↓

最近のニュースのことでどうしても考えてしまうことがあったので書いておこうと思った。
いじめによる子どもの自殺とかそんなのがいつもニュースで取り上げられている。で、先生がいじめていたっていう話になると、今度はみんなで一斉にその先生を叩き潰す。そういう世間にいつも違和感を感じてしまう。
イラク人質事件の時にも思ったけど、ターゲットを決めたらもう「そいつだけ」が悪人で、いろんな状況や思いが重なってこういう結果になっているとか背景を考えずにみんなで攻撃する。あたしはそういうのにとても嫌気がさすんだよな。浅田農産だっけ?鳥インフルエンザを隠してたとかいう会社に対してもみんなで責め立てて、結局世論が社長を自殺に追い込んでしまった事件があった。要因は絡み合っているのに、1人の悪人を決めたらその人を殺すまで叩き続ける世の中の意見って本当に恐ろしいと思う。


このブログ始まって以来の真面目な話題だけど・・・
何かね。興毅の会見を見て、あの親子の絆に触れた感じがしたんだ。

at 14:20│Comments(2) 日々 

この記事へのコメント

1. Posted by izumi。   2007年10月27日 18:54
自分もそう思ってる
こうだったら、こう!って感じで一つにしか進まず、色々な考え方を認めない
それと違う考えを認めてくれない
方向性が違うからって自分から離れたりするもの…
どんなやり方だっていいだろって願うことが同じ、一つで間違ってなければ・・・
自分は札幌に拘ったからさ、千葉を捨ててたから
それで自分を嫌い、追い出したい、認めないってのが悔しいのよ
最後に同じ思いで、応援したよな?って労って、握手求めて拒否られたこと、それだけは許せないのよ・・・
2. Posted by チカコ   2007年10月28日 21:26
izumi。さん
自分と違う考えを認めるというのは難しいことです。
それが出来たら宗教間の争いや、戦争だとかテロだとかいうのはなくなると思います。
本当はね、他者を認めることで自分も成長していけるのにね。
私も、自分と違う意見の人をも認めようと頭ではわかっているんだけど、事柄によってはなかなか難しいです・・。
izumi。さんのわかってほしい相手がわかってくれることを願ってます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
フレッシュジュース六ヶ所村ラプソディー