2010年10月

2010年10月30日

ホームヘルパーというお仕事

ふぃーーーー!
13日目終了いたしましたー!無事生還いたしましたー!
本日の仕事5件中3件は同じお宅に訪問。
何かすごい1日だったな。
忙しかった。
そして何だかこの環境に慣れてしまい、ほとんど他のことをせずに過ごしてしまっている日々だ。
いろんなことを忘れて、走り続ける。
無我夢中で働くってこういうことかー。何か今までの仕事って、休憩まで、休みまで、その時間や日にちを数えつつ、とにかく時間を潰していくことばかり考えていた気がする。今は気づいたら時間が過ぎて行くかんじだ。とにかく時間が足りない。
カンカン照りの日も、雨風が強い日もあって、人の生活とか身体とか相手にしているから、何もかもが変化の連続だ。いろんなことがヘタっぴな私なのに、感謝されまくって、なんかなんかこんなんでいいのか、と驚くよ。大変な仕事だと思われがちだし自分もやるまでそう思っていたけど、仕事という感覚すらあまりない。誰かの家で手伝いしていたらたまたまお金もらった、というような感覚。時間数とか金の計算とか全くしてないし、正直そんなに興味ない。それは働かなくても生活できるとかそういうことを言いたいわけじゃなくって、本当にそんなのどうでもいいや、っていうくらい貴重な体験をさせてもらっているということ。
怒られたこともないし、いじめられたこともない。(わたしの中で仕事というとまず思いつくのは、怒られることやいじめ、ってのが哀しいね)反面、感動することやウケることはいっぱいある。
まーいろいろあるが、根本的にこの仕事が好きなんだな。社会的な地位が低く、「わたしにはムリ!」とか言う言葉で暗に「大変」とか「汚い」とか思われがちだけど、実はそうでもないでよ。お尻拭くんだって、みんな自分のは毎日拭いてるんだろうし、それとそう変わらない。ご飯だって毎日作ってんだろうし、掃除や洗濯や買物だって誰だってやってることだもの。特別に大変な仕事と思えないんだけどなー。あとは思いやりと愛想があれば問題なしだ。
明日1日休んだら(と言っても朝からバッチの講習があるけども)また11月がんばろ。
今よりは少し仕事減る、はず、だけど、体力と相談しつつ、やれるとこまでやろう。
何かやっと、気持ちが固まってきたかも。決意ってほどじゃないかもしれないけど(基本飽きっぽい性格だから)、いけるとこまでいく、関わって行こうって、思うよ。正直に。


gofuchudiary at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)仕事 

2010年10月27日

もやもや

この気持ちを何と言ったらいいものやら。


週に3回は入っている一人暮らしのおばさん(認知症)の家に行った。
お金ないのね。家族もいないし。
2日前に見た時は財布の中に3000円あって、わたしはその中から1000円だけ持ってスーパーに行った。冷蔵庫には何も入ってなくて食べるものがないから。卵もバラで買って。それこそ1個何十円とかそういう世界。他にも安いものだけ探して組み立てて、この1000円札でどれだけ効率よく買えるか。要するにどうやって食いつないで生き延びるかってことだ。
携帯を片手に足し算しながら商品をカゴに入れていく。ゲームのような楽しさでもあり、そこには哀しみもぐっと詰まっている。
おばさんは買ってきたものを見せると喜ぶ。
レトルトのしょぼいご飯を見て「おいしそー!」と手をたたいたりもするのだ。
わたしは感情移入しすぎたのかもしれない。何とか力になりたいって思って、だけど具体的にどうできるわけもなく、ただケアプランに沿ったこと(調理とか買物とか)やって、それで話をして帰って来るだけ。
最近になって他の事業所のヘルパーも別の曜日に入り始めたんだけど、今日行って財布を見たらお札がない・・・。そしてレシートは1600いくらとか普通に使っていて、しかもすぐ食べられるご飯じゃなくて調味料をいっぱい買っていた。
何かわたしは、一気に力が抜けたよ。
この少ないお金の中でいかに工夫して生活するかだって思ってたから。(本人はあまり気づいてないと思うけど!)
調味料はそのままじゃ食べらんないし、食材あって初めて使えるものじゃん!!
これしかないお金の中で、何を優先して買うかなんて考えたらわかるよね?
何か久々にがーんときた。
そしてものすごく哀しくなったのだった。
どこかで、自分がこんなに一生懸命考えて節約しているのに、わかってくれよっていう思いがあったのかもしれないな・・・。
この家に来ると、100円の重み、一食のご飯の重みがすごい。
大事に大事にしなければと思う。
けどきっと、その思いがこのやるせなさを生んでいる。

事務所に帰ると、真面目会議中だった。
今まで見たことない風景。

今度個人面談もあるらしい。特にわたしとかは稼働数が多いので念入りに、らしい。
さてわたしはどうするのだろうか。
「所長」に何を伝えるんだろう。
仕事は週に3回くらいにしたいだとか、逆に社員になりたいだとか、いろんなことを考えたけど、実際のところどうしたいのか。社員になりたいというのは、それだけ保障をつけて働きたいとか安定収入とかいうのが目的ではない。深く関わるという面で、だ。わたしの働き方では毎日利用者さんと関わっていようがどうしようが、ただのコマである。取り換え可能な道具でしかない。ケアに関わってる張本人が担当者会議に参加できないわけだからね。そこで決まったことだけを伝えられ、指示されやるだけ。そういうのを考えると何ともやりきれない思いがするのは確かだ。でも、それでもいいのかもしれない。喜んでもらえるのなら別に深くを知らなくたって。よくわからないや。
そしてわたしは本当はどうしたい?
最終的には何がしたい?
1か月前にあった会社内でのショックな出来事や、それに付随して信用できなくなったり心を開けなくなった相手がいること、そのことがきっかけで意欲を削がれているのも事実だ。
だから、クリアに判断ができない。
わたしの目にはフィルターがかかっている。

gofuchudiary at 20:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)仕事 

秋のそら

ed2f69bd.jpg
寒い。風が強い。
今日もお仕事。

季節が移り変わったんだねー。確実に変わった。


gofuchudiary at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月25日

女子会?女子かい?

今日何曜日だ?月曜か・・・。休んでないのにまた1週間の始まりだよ・・・!
昨夜は気ごころ知れたヘルパー仲間で集まって府中で飲み会。
事務所の変わり具合とかいろいろ話す。やっぱ変化したよなー。世間一般的にはまともな会社になったんだろうな。近寄りがたくなったけど。本来会社っていうのは、ひょいと気軽に寄りたいようなそんな楽しいところではないものだ。だからまあ普通なんだな。今がね。みんな思うところはいろいろだけど、わたしたちは社員ではないし、自分の都合で働いてるわけだから、そこらへんは切り離してうまく考えて自分の生活を大事にしてやっていこうね的な話になった、と思う。何か途中、わたしは酒がまわりすぎて具合悪くなってしまってテーブルに突っ伏した。お茶を飲んで、少し休んで回復したけれど。
もう1人は「眠気耐えられない。ちょっとだけ寝させて!」と言って目閉じてたりして、何かもうすごい好き勝手放題な飲み会だった。
50歳のヘルパーさんが「ねーねー!一応これって女子会?」て言っていた。

今日は朝から仕事。昨日の酒は完全に抜け(そのかわり、夜中に3回ぐらいトイレに起きた)、勢力的に働いた。明日は午後から出勤なんで気楽ー。あ、1人やっかいなばあさんがいるのだった・・・。移乗介助とか肉体的に大変な仕事よりも、性格のキツイばあさんの話し相手、というのが一番大変かもー!ま、何とかなるだろう。

gofuchudiary at 21:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)仕事 | 日々

2010年10月23日

暗闇から手を伸ばして叫ぶよ「おーい・・・

今日は8:30から18:00まで働いたが、隙間時間のある勤務。
やっちゃんは休みでずっと家に居たけれど体調が悪いそうで、一緒に買物行く予定もキャンセルした。
昼食をとり、わたしは一人で買物に出掛けようかと思っていたのだけど、体は言うことをきかない。身動きがとれない。バタリと倒れて2時間ちょっと眠った。気持ちは必死で動こうとしているのに、体はものすごく疲れていたようだ。深い深い眠り。起きようとしても手を伸ばしてもまた引きずられるような眠りだった。そして昼寝なんて随分していなかったことに気づく。
これって本当にわたし?

夕方やっと起きようとする。喉がからからで力も出ない。「お、、、お茶・・・」と言うのがやっとだった。
結局お茶を入れてもらう。「おーいお茶」というペットボトルのお茶があるけれど、あれは昔のお父さんがよく言う言葉の象徴で、それにお母さんは「わかりましたよ、お父さん」なんて言って気持ち良くお茶をいれてくれる。今は死語となりつつある亭主関白ってやつだ。今の時代、そんなこ言おうもんなら「そのぐらい自分で入れな!」とか言われて終わりそうだ。
やっちゃんが言う時なんて「お茶、飲みたいなぁ~」とか、ほぼ独り言に近い。そういうのは場合によっては無視もありだ。
で、何が言いたいかというと、昔と今は違うってこと。ペットボトルのお茶のタイトルは、古き良き時代なのかもね。でも、今日のわたしはそんなかんじだった。お茶を入れてくれなかったらキレそうだった。それぐらいヘルプを求めてたんだな。
眠りという乾きと暗闇の世界から必死で手を伸ばしてお茶を欲していた。おーいお茶。ってね。
何かこういうの久しぶりだ。
そしてそのぐらい吸いこまれて眠れたから少しだけ回復している。
その眠りから這い上がって来たとは思われないスピートで自転車をこぎ、笑顔で仕事して帰って来た。
我ながら怖いぐらいにON/OFFのスイッチがちゃんと切り替えできている。

そういえば今日、寝たきりのおばあちゃんにまた言われた。
「あなたの名前を心の中で呼んでたのー!!聞こえたのー?」って。
帰り際には、「気をつけて帰ってね。あなた可愛いから、男の人がいっぱい寄って来るんじゃないかって心配で。。。」って、全く見当違いな心配までしてくれて本当に嬉しかったな。
そんなこと真顔で言ってくれる人いないよ?!!いやまじでさ。

今日~明日がやっと折り返し地点。がんばらねば。明日は仕事少なめ。そして夜は、ヘルパー仲間5人で飲み会だ。いろんな話が飛び出しそうで楽しみ。


gofuchudiary at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)仕事 | 日々