2010年09月

2010年09月19日

みちくさ

100919_1242~001


100919_1323~001


池袋の街を歩くのだった。

久しぶりにみちくさ市(古本)に行った。
帰りに手創り市もちょこっと見て歩く。

去年は、こういう生活だったなーと思いながら、自分を取り戻すかのような失うかのような時間。

やっちゃんは、何だかジャンクなものが食べたいと言い、それはどこかでわたしも欲していたことだった。ロッテリアに入ろうとしたら、ものすごく混んでいて、席が1つも見つからない。ケンタッキーだっておんなじ。マックは見つけらんなかった。池袋とはそういう街なのだ。そういうお店がものすごく混雑する街。
で、結局は例のごとくパルコのヨシミに行ってスープカレーを食べた。

さっきの話に戻る。
ジャンクなものを欲する。それはある種の自分イジメだ。
もうどうにでもなれ、こんなわたし。という投げやりな破壊行為。
今日往来座で立ち読みした新書(仏教系の)にも書いてあったけど、人のこころというのは、何かの目標に向かっているときは生き生きとして(でもこれが危険の元)、その目標が達せられないとわかった途端に、ならばすべてぶっ壊してしまえ、という極端な方向に走りがちなんだとかなんとか。
まさに今それが行われているかんじ。
少し冷静になろう。

さて。

手創り市も素晴らしい商品ばかりだ。どこかの雑貨屋に置いてあるそれよりもずっとずっと心惹かれるセンスだ。それを作り、売る人たちそれぞれの個性溢れる姿、ファッション、言葉、、、どれ一つとっても、独自の世界に包まれて、だけど、手を取り合って繋がっているようなかんじ。みちくさ市もそうだった。繊細で、だけど自信のある、センス。。。
ああ正直に言ってしまおう。
わたしはそれらに若干の嫉妬を覚えた。
いや、嫉妬するほど、そこに近づいていこうともしていない、無気力な塊だ。
わたしはポツンと取り残され、ダサくてカッコ悪くて情けなくて、彼彼女らのセンスの世界から除外されている。
求めていた世界を見失って、小さな点となって、そこに立ちすくんで、前にも後ろにも行けない。
今居る場所がわからない。

たぶん、この時期を乗り越えたらまた違う世界が広がってんだろうな。広がるんだろうな。いつもくじけて逃げて、こういう人生になっちゃったんだろうな。世の中の人々が全員根性ある人に見える。わたしはいつも忍耐力がなくて、グレーゾーンにとどまれなくて、息苦しくなって、違う空気を吸いに行ってしまうんだ。


gofuchudiary at 17:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0) お出かけ 

2010年09月18日

癒されないカフェ

669db4f2.jpg
久々にかわいいお店に来たのに、
隣の大学生(某国立大学の学生と思われる男2女1)の会話がうざすぎて死にそうです!

偏差値の高さと会話の内容は比例しないことが証明されました。


見た目塚地なのに「麻生久美子と結婚」?!はぁ~?
「私、早稲田以下の人とはつきあえない。よっぽど人柄が良くないと」 

「俺40歳までに本出す。新書とかテキトーに。学歴あるし大丈夫でしょ。」

て、ぜってー買わねぇ!

あの店は、ナチュラルなママと子どもの夢の空間であってほしかった。


疲れたので移動ー。


gofuchudiary at 14:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年09月15日

・・・・・

ちょっとしばらく書けないかも。

ものすごく疲れている。
人を信用するということが、よくわからなくなる。
いや、信頼できる人は沢山いるんだけど、だけど、
何か、そうでない人もいっぱいいるんだろう。

非常にショックです。
久々に衝撃を受けました。
裏切りってこういうことか。その回路がよくわからない。
怒りを通り越して哀しみと脱力。

わたしはきっと正直すぎるんだ。そういうの全部顔や態度に出ちゃうし、平気なふりをしてもそうじゃないってすぐばれる。

少しだけ時間が必要だ。

ものすごーーーーく疲れた。働きすぎたかもー。

何も具体的に書けないけれどね。

たぶん、少しずつ生活が変わると思う。

gofuchudiary at 20:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 仕事 | 日々

2010年09月13日

はじまりとおわり

なんか更新久々??

土曜は、介護福祉士の飲み会で、てかわたしはヘルパ2級ですけども、4人で府中で飲んでました。何かいろんな話して、笑いあり涙あり(?)吐き出してわいわい楽しんで、あーやっぱこういうの大事だなーって思った。
訪問介護ってのは、利用者と1対1の関係で、悩みを仲間同士で話したり相談したりとかなかなかできずに割と孤独になりがちなんで、吐き出す場って必要だものね。みんないろんなこと考えてんだなーって思った。
向上心ある方々と話せてこっちも刺激になったわー。

日曜は、久々にバッチの講座。
コンサルテーションスキルを磨くための。
これもまた泣けてきた。やっぱ自分の感情を素直に見つめてケアしていくことって大切なんだよなー。基本に気づく感じ。
そしてあたしってばだいぶ疲れてんだな、きっと。主に体力的にだが。
からだが疲れると気持ちも引きずられるので気をつけねば。とは思う。


そして今日月曜日。
何かくらくらする。立ちくらみが激しい最近です。
気温はだいぶ下がって、それでも30℃以上あるけども、1、2週間前よりはずっと楽になった。そうすると急になんていうか、夏の疲れがどっとでるかんじ。
朝2軒終わってから午後からの仕事の前に、家帰って30分ほど昼寝してしまった。
昨日のコンサル練習の成果なのか何なのかわからんけども、今日は利用者さんのお話をよく聴けた気がする。
なんかいつもよりも話題を引き出すことができたようなそんな感じ。
いろいろ変化する。
日々いろんなことが。
そんでわたしは年をとる。毎日毎日少しずつ年をとる。
利用者さんは90年以上生きてたりして、わたしは35年生きてたりして、だけども、いつか、必ず、そこに終わりがあるのだなーって当たり前のことを思うのだった。


始まったものは終わるんだもの。
だから、変化ってのは当然のことだ。
不思議なことでも何でもない。
みんな、この生活がいつまでもいつまでも続くような錯覚に陥っているだけ。
学生はいつまでも勉強してるような気になったり、
会社員はいつまでも仕事しているような気になったり、
だけどだけど、それは限られた時間の中だけのことだよ。
わかってると思うけど。
卒業もあるし、退職もある。
そして、人生には、死もある。

忘れがちだけどね!

今、この瞬間は、今だけです。

この感情も、今だけです。

だから大事にしろ!
とは言わないけども、今だけなんだよーーーーー!!てこと。それは事実だよね!

宇宙だ。
宇宙もいつか終わるかな。
ビッグバンから始まったんだからね。。。

バイバイ宇宙。

わたしは、ハイボール。



gofuchudiary at 19:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 仕事 | 日々

2010年09月10日

はたらいた

8月の稼働時間。
入社3カ月にして、とうとう、事業所のトップになってしまいました。

もっともっと改善できることはあるし、学ばなければならないこともいっぱいだ。
まあ、仕事に、これでいいってことはない。

けど、

とりあえず、よく頑張ったよね。と思う。
あの暑い中、よく走り回ったよね、笑顔で!と自分を褒めます。

継続していくことのほうが難しいがね。。。それが問題だ。


この先どうしていこうかと考えるけれど、今はこの流れに沿っていこう。
税金とか、扶養とか、何かそういう金の損得とかで、可能性を狭めるのはやめよう。今はそういう気持ちです。

てか、仕事でこんな気持ちになったのは生まれて初めてだ。わーい。
いかに楽して、(むしろ働かず)生きていくかってことばっか考えて生きてたんだもの・・・恥ずかしい話だけど!

本社提出のアンケートも書き終わった。
改善のための提案もあれやこれやと書いた。この際。

35歳にして初めて働くことに意欲を持つわたくし。

基本、飽きっぽい&燃え尽きやすいのでいつどうなるかわからないけど、今は、行けるとこまで行くつもり。
だって、こんな生活、体力的に何年も続くわけないのだし、自分のペースがわかるまで、やれる範囲がわかるまで、今はがむしゃらに、まあ進んでもいいのかも。無理するな、と言われても、今は無茶したい気分。人生でそういう時期があってもいい。今までなかったからねー。


新鮮!!
ひゃー。

gofuchudiary at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 仕事