2010年05月

2010年05月30日

王子様たち

007


今日はボランティアの日。みんなで郷土の森に行って来た。


004


園内散策。鯉と鳩。


008


お花もキレイに咲いてました。もう少しするとアジサイが見ごろとなります。

一言も言葉を発しない人、ずーっとにこにこ笑顔の人、物知りでいろんなことをおしえてくれる人(でたらめな部分もあるけどw)、お酒が好きな人、心配性で甘えん坊な人、ひとりでずっとぶつぶつつぶやいている人、いろんな人がおります。
前回話せなかった人ともいろいろ話せて良かった。
それぞれ持ってきたお弁当をみんなで食べて、30分くらいスタッフ会議をし、午後からプラネタリウムを観た。前回やっちゃんと来た時は「銀河鉄道の夜」を観たのだけど、今回は「星の王子様」だった。
上映が始まる前に、府中から見える星空の映像が映し出されるのだけど、街の灯りを消して、一瞬で真っ暗になり、星々が一気に輝き始めた時、わたしは何だかぐーっとこみ上げてくるものがあって、こっそり涙を流した。近くで、誰かのいびきが聴こえていた。

ここに居る人たち、と同じ時間を過ごしている。100年前でも100年後でもなく、今、ここ、この土地で共有できている時間をふと思ったのだった。
「星の王子様」を知らなかった人も結構いたのだけど、上映が終わったらみんなそれぞれ「おもしろかったねー」とか言っていた。王子様の純粋さを思う、沢山の気づきと成長していく心を思う、となんかここにいるみんなが王子様な気がしてきた。もちろんわたしも含めてだ。

スタッフとして参加をしていると、常に異変に気づけるように観察眼が必要で、誘導することや、伝えること、いろいろと気を使う面もあるのだけど、それ以上に純粋な楽しさがある。
ただもっとみんなに対して理解を深めていきたいとは思っている。そしてそれは、勉強とかでなく、少しでも多くの時間を、個人個人と接することでしか得られないことだと思っている。
ゆっくり、じっくり、みんなを理解していきたい。ケースに当てはめるのではなく、わたしなりのやり方で。

バスで府中駅まで戻ってきたけど、途中で降りた人はバスに向かって大きく手を振って、みんなもわいわい手を振っていた。




gofuchudiary at 17:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お出かけ 

2010年05月29日

耳が・・・

朝、目が覚めると右耳に膜がかかったような感じ。もわーんとしている。少しキーンとした耳鳴りもある。聴力はそんなに落ちていない気はするけど、何だかスッキリしない。
もう5年以上前に突発性難聴にかかり、片耳がほとんど聞こえなくなったことがある。それは早期治療で回復したのだけど、再発?!と思い、一応耳鼻科に行ってみることに・・・。
聴力検査をしてみると、やはり若干聴力は落ちていた。
うむむむ・・・

100529_1424~001

そして、どーんと処方されました。耳鼻科の薬って何でこんな大袈裟な雰囲気なんだろう。
耳の中の水分を調整するのだそう。
メニエール病の可能性もあるので、少し様子を見て、来週また検査をすることになった。

よく考えてみると、わたしは結構声がでかい。それってやっぱ耳が悪いからなんだろうか、なんてちょっと思った。自分ではこれが普通になってしまっているからわからないけど、きっと難聴になってから、完全には聴力は回復していないのかもしれないよな・・・。

「ゆっくり休養をとって、楽しいことをするのが一番いいんですけどねー」と先生に言われたけど・・・

楽しんでるんですけどねー

ちょっと忙しいとこうだものなー。情けないことに。

世の毎日働いているみなさんは本当にエライなーと思う日々である。


gofuchudiary at 14:56|PermalinkComments(10)TrackBack(0)日々 

2010年05月28日

にんじんリゾット

今朝は、朝一で健康診断に行く。会社提出用。
お昼に事務所に行き、サービスマネージャーと一緒に車で出動。利用者さんの買い物の付き添い90分。
また家に帰って少し休憩し、夕方に、入浴介助の予定が・・・急にキャンセルになってしまい、他の現場に見学に行くことに。寝たきりのおばあちゃんでした。
わたしの顔を見てすぐ「若くていいなぁ~」と言われてしまいました。
痩せ細った身体が少し切なかった。回復を信じたいです。老い、そして死というものは決して避けられないものだと分かっているけれど、少しでも身体に肉がついて表情が明るくなって欲しい。
おばあちゃんの1、2年前の写真を見せてもらって、特にそう思った。年をとってから転ぶことの恐ろしさを見せつけられた気がする。(転んだことによってしばらく寝たきりになり、結果筋肉が衰えてさらに動けなくなる、ということ)

帰って来てシャワーを浴び、本を参考に試作。
お年寄りのためのひとり分料理―ひとり暮らしにも、ヘルパーさんにも役に立つお年寄りのためのひとり分料理―ひとり暮らしにも、ヘルパーさんにも役に立つ
著者:佐伯 知美
販売元:主婦の友社
発売日:2002-11-01
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


005

写真デカっ。でかく撮るほどの代物じゃないのに。
人参のリゾットです。この本の中で紹介されているのは米から炒めて煮るパターンだけど、実際には普通に炊いたご飯から作ったほうが、時間も短縮できるし食感も柔らかいし、実用的な気がする。味つけはコンソメと酒だけなんだけど、美味しかった。
分量を少し変えてレシピノートに追加しよう。(会社に共有のレシピノートがあるのです)
今日やっちゃんは新宿にお出かけ。わたしは、これから勉強しようかと思う反面、アルコールも欲しているかんじ。どーーーしよーーーー!
明日は休み(っぽい。会社から連絡来ないから)だからね。飲みたい気分にもなりますわなー。すっかり仕事人気分だねー。
そして日曜はまたボランティア。みんなに会うのが楽しみだー。みんな覚えててくれてるかなー?

gofuchudiary at 19:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)仕事 | 

休憩中

843387e2.jpg
いったん家帰って30分ほど休憩中。次は入浴介助なのでTシャツと短パンを用意して、コーヒーをいれた。最近妙にコーヒーが飲みたくなったりする。時期的な流行りが自分の中であるんだよなー。
図書館から借りてる本を読みつつ、レシピも考えつつ。


gofuchudiary at 15:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月27日

意地でも書く日記

つ・か・れ・たーーーー!
そして腰が痛いです。
今日は朝、初めてのおうちで2時間。事務所で昼ごはん食べてすぐ仕事(1時間)、それが終わって一旦家に帰って、自分ちの夕飯準備をし、慌ててまた出勤。17時~19時までまたお仕事。
晴天⇒大雨⇒晴れ曇り・・・と天気もすごいことになってたけど、そしてハプニングもあったけども、みなさま元気で終了です。
やっちゃんが先に帰ってたので2人で夕飯。食後にお菓子&お茶。
汗だくと疲労感、そして風呂。これが何とも気持ちいいよ。
「同窓会~アブアゲイン症候群」(ドラマ)を観る。いつもぷっと笑っちゃう古臭さ、80年代ドラマっぽい感じの真剣さがおもしろい。逆に斬新!みたいなかんじです。

やりたいこと(&やらなければならないこと)メモ。ブログ、メモ代わりにしちゃったよ。手帳に書けっていう内容。
・バッチのパート2課題
・セルフカウンセリング課題(通信教育)
・介護食試作&レシピ書き
・(やっちゃんが一人で食べられるように)冷蔵庫に常備采をストック
・読書(障がい者支援関連、介護関連)
・講座(心理)の宿題(6月に後半がある)
・他にも読みたい本が山積み・・・・
・手紙を書く

などなど・・・・

眠い。

ふぇ~・・・・何も予定が無い日が欲しいなぁ・・・。
いろいろ片付けたいし、少し1人で考えてたい。切実に脳内整理整頓タイムが欲しいよ。インプットしすぎて熱を帯びてる感じ。考えてスッキリできないままに疲れて寝ちゃうしね。

おやすみなさい

gofuchudiary at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)仕事 | 日々