2010年03月

2010年03月27日

小さな旅。深大寺へ

100327_1503~001

 お昼すぎ。天気もいいし、何だか蕎麦が食べたいね、と言って、深大寺まで行くことにした。調布からバスに乗って。

100327_1513~001

 バスの中から見ていて何となく気になった湧水というお蕎麦屋さんに入る。これが大当たり!すごく美味しかったー。

100327_1458~001

 鬼太郎グッズもいっぱいです。
 そのあと、三鷹行きのバスに乗り、上々堂(古本屋)など見てまわり、夜は立川へ。オリオン書房など行くが、時間も時間なので結局夕飯も食べて帰ることにした。何かもう旅気分なので家に帰ってご飯を炊く、という気分になれなかったのだ。
 最近凝っている立川中華街にまた行った。隣では中国人女性がばくばく食べながらすごい勢いで喋り続けていた。
 何か今日は、思いつきの行動のわりには充実感いっぱい!そして新鮮だった!


gofuchudiary at 21:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お出かけ 

2010年03月26日

たまには府中でも

100326_1733~001

 久々にちょっと晴れ間が見えて、何だか外出したくなった。1人で伊勢丹や無印で買い物。久々にゆっくり見てまわる。本当は新しい財布も欲しかったのだけど、気に入ったのを見つけられず断念。
 そのあと、急遽ニコさんとお茶できることになって、スタバで本を読みながらニコさんのお仕事が終わるまで待った。1時間くらい話して帰ってきた。やっちゃんは飲み会なので、テキトーごはん(っていつもスパゲッティなんだが)を食べてこれを書いている。
 今日札幌時代の会社の友達ナオちゃんからお手製の消しゴムが送られてきたー!しかも、わたしの好きな図柄でした。図柄について詳しく書くと昔の仕事がばれるのでやめます(笑)でもオタクではないです。
 また雨が降ってきたみたいだ。おかげで花粉症の症状はほとんど出ていないけど。そう。何か去年とかなんて、今時期花粉まっさかりだった気がする。すごくつらかった覚えがある。今年は1度も薬を飲んでないが、悪化せずピークが過ぎたみたいだ。目もかゆくない!これはわたしの感受性が鈍ったってことではないよね・・・?

gofuchudiary at 19:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々 

ほうじ茶ティーラテ

4022cc9a.jpg
スタバっていつもどうしてこうも混んでいるんだろう?あまり入らないけど。
今日はあれこれ買い物デイ。 


gofuchudiary at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月25日

焦燥

 雨降り。また冬かい、という寒さ。この天気のせいかどうか定かではないけれど、2日連続で本を読んでいる間に眠っていた。昨日は、横になって読んでいたからまあ仕方ない。ある程度予測はついていた。しかし、今日は「寝ないぞ!」と気合を入れて床に座っていたのだ。ただし本はベッドの上、もちろんそこに体ももたれかかって・・・・そしたらまあ、これも完璧に意識を失ってましたとさ。背中には電気ストーブの温かみを感じつつ。完全にベッドに突っ伏して。
 眠っている時、ものすごく焦っている夢を見ていた。とにかく急いで仕事に行かなきゃいけないのに、着て行く服を選ぶのにも時間が刻々と過ぎていく。バッグも。その中身を準備するにも。テレビを消しても消してもついているし、その間に会社から電話も来る。
 「今日の出番8時からだったよね?」って。時計はもう10時過ぎ。「すみません。今から本当今から行きます。」と言っているのに、準備が進まない。何故か途中で料理までして、おでん?みたいなのを煮ているが、中にはペットボトルまで入っている。それを捨てようと鍋を傾げたら、ほとんどの中身が全部排水溝に入ってしまった。あああもったいない!!洗えば何とかなるかな?いやダメだ。
 持って行くものは?あ、ボールペン。あれ、あと何だっけ?今度は親から電話。「何してたのー?」って。私慌てている「ごめん、今バイト行かなきゃ。忙しいから!じゃ、また」って切る。あああ、そして何だっけ?何からやれば?バッグバッグ。バッグを探しだしたが、何だかババアの持つようなデカイ巾着しかない。あ、キャンパス地のがあった、と思って引っ張り出そうとするがいろんなものが絡まって出てこない。
 いつになったら出発できるのかわからない。服も変だし。焦りが募る・・・
 というような、ものっすごい疲れる夢だった。空回りしてる。たぶん、どこかで、やろうとしていることのわりには何も進んでいない!!という自分自身の焦りがあるのかもな。。。。と分析してみた。あたふたしてないで地に足つけなければ。

gofuchudiary at 15:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々 

2010年03月23日

紐を通す

 ぼろぼろなので、新しいスニーカーを買った。
 靴屋で担当してくれたのは微妙な感じの店員さん(20代真面目そうな男子)だった。「こちらで履き換えてください」と言って案内されたので、さて1人で紐を通そうとしていると、彼は片方の靴に紐を通し始めた。私は自分の好きなようにやりたかったので「あ、いや、自分でやりますから。いいですよ」と言ったのだけど、彼は「いや、大丈夫です」とか言ってそこを離れない。落ち着かないので「本当に自分でやりますから。いいですから」と私は再度言う。でも彼は「やりますから」と離れてくれない。わたしはちょっとイラっとし出す。
 わたしのやってたほう、左は、スニーカーを履いた状態で紐を通していたんだけど、ちょっと長さがアンバランスになってしまって、最初っからやり直そうと紐をほどき始めた時に、彼が紐を通していたほうの右、が出来上がったみたいで、「あ、そっちも通しますか?」なんて得意気だ。ますますイライラがつのる(笑)
 「自分でやりますから!ありがとうございましたー」わたし、この言葉吐いたの3回目だよ。
 で、やっとの思いで自分の取り分を死守した。何とか店員さんはその場を立ち去ってくれた。
 そしてできたー!と思って、(彼がやってた)右のスニーカーも履いてみたら・・・・何か、紐の通し方が(わたしのやってた)左と違うー!(しょぼーん)
 もちろん、右のスニーカーの紐を全部、ほどいてやりましたぜ!!!へっへっへー。
 なんだかなー結局わたしが全部自分の好きなようにやっただけだ。あれはマニュアルなんだろうか、それとも彼が、良かれと思った押し付けをするタイプなんだろうか。食べ物屋で食べ終わった瞬間を見逃さず、いちいち小まめに皿を下げに来る店員さんも落ち着かないが、今日の靴屋のは本当ーに落ち着かなかった。お客さんが本当に望んでいることなのか、どうなのか、サービスの見極めは難しいだろうけど・・・「会社の決まりごと」の前に、お互い「普通の人」として見ることができたらいいのにね。
 なんてなー。わたしも働いていたらしつこくしちゃうのかもしれないけどさー。

gofuchudiary at 18:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々