2008年03月

2008年03月23日

川崎

93a90f98.jpg
明日から北海道。川崎で夕飯食べて、これから羽田近くのホテルへ…。

at 20:19|PermalinkComments(0)お出かけ 

2008年03月22日

『Life is once』/アルファ

850b1421.jpg


 先日の、ジョニーの引退セレモニーでかかっていた曲が気になって気になって仕方が無かった。きゅんとするような切なく美しいメロディ、「もう少し頑張ってみようかな」と思わせてくれるような歌詞、でも決して押し付けがましくはなく、勇気付けられる感じ。この曲の雰囲気にひと聴きぼれをしてしまった。
調べたら、アルファの『Life is once』という曲で、早速CDを購入。リピートで聴いている。ジョニーがマウンドに立つ姿、歓声とか、芝の緑を思い出す。何かそれだけで泣けてきてしまう。久々に出合った素敵な曲。
 ココで視聴できます。

さー、今日ももうすぐ試合が始まるなー。

36d9cf68.jpg


ぽかぽかしてる。今日の最高気温は19度とか。

at 12:01|PermalinkComments(2)音楽 

2008年03月20日

パ・リーグ開幕

d1ecd42c.jpg
一人でテレビ観戦、何か淋しいー!って昨年は仕事だったんだっけ。この音、色、感じてると、何だか札幌ドームの匂いがしてくる。

at 13:53|PermalinkComments(0)野球 

2008年03月19日

今更『日蝕』

 久々に少し寒く感じる。空が白い。目薬が欲しくて、ドラッグストアも入っているスーパーに開店時間ちょっと過ぎくらいに行ったら、すでに沢山の人がレジに並んでいた。しかもカゴいっぱいに買い物をしている。店内をよく見てみると、ポイント10倍の日だった。こんな日に目薬だけじゃ勿体ないような気分になって、他にシュークリームとか洗剤のストックとかも買う。
 帰って来て紅茶飲みながら読書。今朝9時ピッタリに宅配便の人が来て、文庫本4冊と紅茶2袋を配達してくれたのだ。久しぶりに平野啓一郎を読みたいと思って、随分前に当時最年少で芥川賞を獲った『日蝕』を買った。『一月物語』は読んだことがあるが、この1番有名なはずの小説は初めて。数ページ読んで、溜息。むむむ・・・難しい!!
 時代背景は十五世紀後半のフランス。神学僧である主人公の、異教哲学の書物を巡る旅と錬金術師等との出会いの物語。途中までしか読んでないからこれしかわかっていない。 トマス主義だ、ドミニコ会だ、何やら聞いたことはあるけれどキリスト教的知識皆無のわたしにはかなり馴染みの薄い単語が並ぶ。ちらりと途中で解説を読んでみた。
 このデビュー作によって彼は三島由紀夫の再来と言われたのだとか。と言いつつも解説では、「通過儀礼」は評判が悪い。としつつ、平野啓一郎が提示しようとしているのは、「通過儀礼」の物語だ。これは模倣でもパロディでもなく、積極的に反復に身を任せることで文学を創作してゆこうとする姿勢である。・・・としている。え?この解説も暗に、あえてベタなパクリ世界だけどもーみたいな言い方じゃない??無条件に褒めてほしいはずの解説にしては何だか批判めいている。ビックリ。
 あーしかし、当時、京都の大学生であった彼がこれを書いたのかと思うと(ちなみにワタシと同い年♪)、知能指数の差を感じずにはいられない。つーか、何でこんなこと思いつくんだろう?その後も彼は、反復の物語を書き続けた。タイトルで言うと『一月物語』は『雨月物語』(上田秋生)から、『高瀬川』は『高瀬舟』(森鴎外)から、など。他にもある。
 これはわたしの勝手な気持ちだけど、賞を獲る作品というのはわかりづらいものが多い。受賞作家のその他の作品のほうが好きだということが結構ある。賞という形で評価されていない本の中にも「おもしろい!」と思うもは沢山ある。いや、むしろそっちがメインだろ。と思う。たぶん、わたしの理解力不足なんだろうなー、世の中に評価されたものを理解しないってところは。もしかすると常に少数派でいたいという奥底にある心理の表れかもしれない。(ホームよりビジターが好き)もっと言うと、流行もの、売れ筋を常に追いかけるステレオタイプな人間を助長する社会に対するわたしなりのルサンチマンなのかもしれない。
 最近CMでたけしも言ってるけど自分なりの判断基準を持ってないとダメだね。すぐ流されてしまう。自分の意思だと思っていたものが、実は誰かの意思だったっていうことは意外に多い。誰かが言っていたことをそのまま受け取って自分の意見に摩り替わってしまうことなんかが。わたしにも少なからずあるんだろう。そういうのも、だけど1回は自分の頭で考えたいと思う。最近特に思う。太宰も『きりぎりす』の中で妻に語らせる形でそれを痛烈に批判していたな。
 読書をしていると決まってピンポンが鳴る。特に今日は多い。1つは、ある宗教で団体の名前ではなく、個人名を名乗った。今週土曜日に集会があるので是非・・・と言われた。ちらしがポストにはいっていた。最初からポストに入れるならピンポンいらないのに。そのあと個別宅配の勧誘。他のせいきょうでとっているのでと言ったら、うちは安いんです。「にらは100円」何とかはいくらで・・・と説明され、他の宅配とっているそういった人にこそ比べてほしいんです。みなさん使い分けしていますよー。とにかくドアを開けてくださいと言われた。強引な営業ほど興ざめするものはない。
 わたしは即座に断った。<みなさん>と<わたし>はイコールではないし、わたしは「安さ」だけを判断基準にしているわけではない。「安い」という言葉だけにつられたりしない。「何故」安いのか。それにはわけがあるはずだから。それから、くだんのMから電話がきて、結婚報告を本人から聞けた。幸せそうで何より。やっぱり、他の人から私情の入った内容で話を聞くよりも直接本人の言葉で聞くほうがいい。あまりに中断が多く、何だか今日は読書に集中できなくなって、こうして書いていたら、これまたグダグダと長い話になってしまった・・・。これから夕飯作り。

at 15:16|PermalinkComments(0)日々 

2008年03月17日

クッキー

cdd2b0ec.jpg


クッキー作った!
サクサクになる予定だったけど、何だか知らないがちょっとふわっとしてる。

at 13:46|PermalinkComments(2)日々